“これは、愛ではなく情なのかもしれない、
継続でなく惰性なのかもしれない‥‥と思ったときに
よすがになるものが、みなさんにあると思います。
「あのとき、こう言ってくれた彼だ」
「こんなこともしてくれたっけなぁ」
そのエピソードだけで
何年も持たせることができるもの。
それを自分で思い起こせるか、あるいは
思い起こさせてくれることがあるといいですよね。
そのような、心に残る花束みたいな
エピソードのおかげで
長くそばにいられるんだと思います。”

インターネットの中でも、
多くの人とつながれるようになった分、
ふいの言葉の暴力にさらされる機会が増えた。

そういうとき、私は人一倍、繊細に傷つくし、
腹も立つ。よほど言い返してやろうと思うことも、
何度もあった。

けれども、私は言い返さない。

どんなに抑えた、やわらかい表現にしても、
自分の腹の中に、
自分を傷つけた相手に
しかえしてやろうという棘があるとき、
やっぱり、その棘は、相手を刺す。

それは行き過ぎだし、
自分が文章を通じてやりたいことは、
人に棘を刺すことか? と言えば、
そんなの全然やりたくも、おもしろくもない。

“逆に、若い人の間で、古めかしい読み方が増えている例もあります。例えば『奥義』です。平成23年に「〝奥義〟をきわめる」の読み方を調査したところ、20~30代に〔おうぎ〕が多く、60歳以上に〔おくぎ〕と読むことが多いという結果が出ました。『奥義』は古くから両方の読み方がありましたが、漢字の読みとしては〔おう〕の方が古い音です。ただ、単独では〔おく〕としか読まなくなっていますし、江戸時代の読本や歌舞伎でも〔おくぎ〕という読み方が使われていて、年配の人ほど〔おくぎ〕という読み方になじみがあるようです。ところが最近は、ゲームなどの中で「技」の名前にふりがな付きで使われている場合が多いことが分かりました。実際の生活では使わないことばなので、ゲームで読み方を覚えた人が増えているようです。このためNHKではこれまで優先順位をつけていなかったのですが、『奥義』の読みは〔おうぎ〕を優先し、2番目に〔おくぎ〕とすることにしました。”
“この4月に変更されたNHK放送用語から取り上げます。まずは『あり得る』。NHKではこれまで〔ありうる〕しか認めていませんでした。しかし平成10年に放送文化研究所で「あり得る」の読みを調査したところ、50歳以下は〔ありえる〕の方が多く、今ではさらにこの傾向が進んでいると見られます。このためNHKでは〔ありうる〕を優先とし、〔ありえる〕も認めることになりました。ではなぜ、〔ありえる〕が増えたのでしょう。若い人は「ありえない」という否定形の方をよく使うと思いますが、「ありうる」も「ありえる」も否定形は同じ「ありえない」なのです。ですから肯定形も「ありえる」に統一されていくのは自然な傾向と考えられます。”
“「無痛文明ハンパない、誘惑限りない、でも超気をつけろ、マジで注意し続けろ」”
“また、男性はストレスを溜めこむと、より多くのドーパミンを必要とし、結果的によりスリリングでハイリスクな刺激を求めがち。ギャンブルにハマったり、女性関係が乱れてしまったりする人は、将棋やチェスなどを始めると良いそう。”
ruru114:

福岡市の大名小学校の統合による閉校に伴った新聞広告ボディの最後が秀逸。
じんせいは、小学校で学んだことの復習だよ。ふだん、思い出すことは少ないけれど、忘れたことは一度もない。母校とはそういうものかもしれません。この3月で大名小学校はなくなります。だからといって、たくさんの思い出がなくなるわけではありません。それでも「なんか寂しい」と感じるのだとしたら、その「なんか」の正体は、きっと愛情なのだろうと思います。まさに親子の関係といっしょで、私たちは一生、大名小学校の子どもなのですね。どうかみなさん、ここで学んだたくさんのことをいつまでも忘れないように。それが母校からの最後の宿題。ところで誰か、校歌の3番覚えてる?本日、最後の卒業式。140年間ありがとう、大名小学校。

ruru114:

福岡市の大名小学校の統合による閉校に伴った新聞広告
ボディの最後が秀逸。


じんせいは、小学校で学んだことの復習だよ。

ふだん、思い出すことは少ないけれど、忘れたことは一度もない。
母校とはそういうものかもしれません。この3月で大名小学校はなくなります。
だからといって、たくさんの思い出がなくなるわけではありません。
それでも「なんか寂しい」と感じるのだとしたら、その「なんか」の正体は、
きっと愛情なのだろうと思います。まさに親子の関係といっしょで、
私たちは一生、大名小学校の子どもなのですね。
どうかみなさん、ここで学んだたくさんのことをいつまでも忘れないように。
それが母校からの最後の宿題。ところで誰か、校歌の3番覚えてる?

本日、最後の卒業式。140年間ありがとう、大名小学校。

arittake:

気をつけ!はいっ!

arittake:

気をつけ!はいっ!

(Source: austene3)

「成功者は朝食をとる前に何をしているのか」の著者である、Laura Vanderkamさんによれば、早起きを習慣としている人は、朝の時間を使って、「すぐに結果に結びつかないが、長期的に考えて利益になる」ことに対して投資する傾向があり、それは大きく3つのカテゴリーに分かれます。

1. キャリアに栄養を与える?戦略を立てて、仕事に集中する。
2.人間関係に栄養を与える?家族や友人と過ごす時間にあてる。
3.自分自身に栄養を与える?運動や瞑想、クリエイティブなことに時間をあてる。

「早起きを習慣としている人は長期的に物事を考ることができる人が多い。調査によって分かったことは長期的に考える姿勢がしっかり自分をコントロールし、それが本人の自信に繋がると言うことです。」

“作品に対し、「よかったですね」「綺麗だったですね」と
全員から評価を受けたら、不安でしかたないです。 そんなにわかりやすいものを作ったのかと、
自己嫌悪に陥ってしまいます。”